取り付け金具の販売

販売しているホールドには、取り付け用の
「Tナット」や「キャップボルト」は付属しておりません。
別途販売しております。詳細下記になります。


●M10キャップボルト(六角)
ホールドによって必要な長さが異なります。他サイズが必要な場合はご相談ください。
*御注文時・壁厚のご指定がない場合は「18mm想定」にて長さを算出します

50mm 60mm 70mm 80mm 90mm 100mm 120mm
\80 \90 \110 \120 \150 \250 \600

 



●Tナット(M10・爪付き) ¥30/個



  下地へのTナット設置例
   
  ・黒枠は1800mm×900mm 厚15mmのコンパネ
  ・赤線は150mm間隔
  ・黒点がTナット設置場所
  ・下穴径は12mmです



●8mmT字レンチ(六角キャップボルト用)   ¥800/本

   
  握りやすくて丈夫!安心の国産品!
  内部構造も工夫されて非常に強固で、オススメです!



ホールドの取り付け方法

一般的な固定方法をご紹介いたします。

a-hold,jpでは、以下の取り付け方法・条件の想定で
ホールドを設計しております


*ご注意*
以下で紹介している方法は、一般的な方法ですが設置環境などに
応じた安全確実な方法で施工してください。また、施工・設置後も
登る前には必ず、安全確認をし、想定されうる全ての事項に対し
管理者の責任において管理してください。


ボルトの長さ指定がない注文の場合は、
以下の施工方法での必要な長さでの算出になります。



★ボルト止めタイプの場合

・ 取り付け板(18mm推奨。15mm厚もしくはそれ以上のコンパネ。相応の構造用合板など)に
  下穴(直径12mm)を開け、壁裏面より、M10サイズのTナットを打ち込み、壁表面より
  ホールドをキャップボルト(M10)で固定してください

・ ボルトは、ホールドを設置したときに、Tナットから飛び出る長さが必要です

・ 状況に応じて、ホールドが回転しないように、回り止めビスを打ち、固定する

・ 必要以上に締め付けると、ホールドのの破損につながります
 
 
 推奨締め付けトルク 4kgf・m、スタンスもしくは5cm以下のホールド 3kgf・m

 *壁や取り付け状況によって、固定に必要な条件が変わりますので
   上記の数字は安全を保障する物ではありません。

 *下地が木材の場合は、ホールドへの繰り返しの荷重や湿度等によって、
   ネジが緩んだり、木材が痩せて、相対的にホールドが緩むことがありますので、
   定期的なメンテナンスが必ず必要になります。

 *必要以上に締め込むと、爪ナットが、木材に食い込みすぎ、壁表面に出てしまったり
   壁自体・ホールドの破損などにつながる場合もあります。








★回転防止について

・ ボルト止めタイプは、ボルト1本で固定するため、下図のような位置に体重がかかると
  ホールドが回転(紫矢印)する恐れがあります。そのためビスを打ち込み
  つっかえ棒のように、回転しないように固定します。

・ ビスを打ち込む場合は、ホールドをつかんだとき・不意に落ちてしまった場合にも
  指には触れない位置に打ち込んでください。また、ビスの頭の部分が浮かないように
  しっかり施工してください。下図は左回転のみの場合ですが、必要に応じて
  両回転に対しての対策をしてください。

・ ホールドによっては、専用のくぼみがありますので、鉄工ドリルなどで下穴を開け
  ビスを施工してください。その場合は1本で両回転に効果があります

  *推奨サイズ:下穴径4.5mm、ビス太さ3.8-4.2mmのコーススレッド









★ビス止めタイプの場合

・木工用ビスの場合は、全ネジ、径3.5mm以上)を使用してください

・ホールドの穴の全てにビスで固定してください

・ビスの長さは、ネジ山が壁から貫通する長さが必要です

・ビスの頭がホールドから飛び出ないようにしてください


・取り付け状況に応じたビスにて、確実に固定してください








★ハリボテの場合

・基本的に通常のビス止めタイプと同じですが、下穴は開いていません

・ビスを打つ面に対して、直角に下穴を開けてください

・下穴は座彫りもしてください(ビスの頭の収まる部分)

・ビスの使用本数は、設置場所、使用状況に応じて必要な固定をしてください。